カテゴリ:秘密証書遺言( 1 )

秘密証書遺言


遺言者が、署名・押印した遺言書(署名以外はワープロ・代筆可)を封筒に入れ、同じ印で封印して、公証人・証人2人の前に提出し、自己の遺言であることを証明してもらう方法によってなされる遺言のこと。

封印した遺言書を公証人および証人2人の前に提出するので、公正証書遺言と同様の手間・費用がかかりますが、少なくとも遺言内容は秘密にすることができます。

他方で、自分で作るので、自筆証書遺言と同じく要件不備の恐れがあります。

秘密証書遺言は、相続開始後の検認手続が必要です。

公正証書遺言と自筆証書遺言の双方のデメリットを併せ持つともいえることもあり、現在あまり利用されていないのが実情です。

参考条文 民法970条


遺言・遺産相続についての相談は行政書士松本法務事務所
[PR]
by k-087 | 2010-05-19 00:36 | 秘密証書遺言